スタッフ紹介

院長 淀野大介

院長 淀野大介

一般社団法人『近療連』理事  53歳
全日本カイロプラクタ-学院卒業(現大阪カイロ)
AJCA認定カイロプラクティック師(Chiropractar)
MPSG研究会認定Certificate of Motion Palpation取得(Basicコ-ス・Advanceコ-ス修了)
鳥取大学 農学部 大学院修了
趣味:自然の中で過ごすこと。

なぜ?この道に進まれたのですか?

なぜ?この道に進まれたのですか?

私が28歳頃ですのでもう20年以上前のことになります。

あるスポ-ツで首を痛めてしまいまして、その日は「いたいな-!でも一晩寝れば大丈夫やろう」と若さにまかせて放っておきました。

すると翌朝起きようとするのですが首が痛くてほとんど動かせず、無理に動かそうとすると腕から指先にかけてしびれが発生するのです。

首の負傷時に頭も打っておりましたので「もしやこのまま…」と考えたことを今でも覚えています。

そこから私の首痛・腕のしびれとの戦いが始まったのです。

以下に訪問した施設順を書き記します。(あくまで私の場合ですので、それぞれの施設に対して優劣を申しているのではありません。)

1 近所の病院(痛み止め薬の処方。確か内科医の先生だったと思います)
2 整形外科(首が悪いとから毎日首の牽引に来なさい!がんばって2週間ぐらい通いました)
3 総合病院のペイン部門(頚椎ヘルニア:注射→毎日の首の牽引)
4 再び他の整形外科(牽引+低周波物療器)
5 脳神経外科(異常は見当たりませんとのこと)
6 評判の接骨院(電気+首の筋肉の軽い揉みほぐし)
7 近くの針灸院(ヘルニアは無理ですとの見解。)
8 他の針灸院(腰と肩に針施術)
9 整体院(電気+全身の揉みほぐし:これは痛かった~!3日ぐらい首が回らなくなりました)
10 カイロプラクティック院(電気+全身の軽い揉みほぐし:今思えばカイロではなかったかな…)
11 ○○県の有名な気孔院(背骨の周りがポカポカしたのを覚えています)
12 再び他のカイロプラクティック院(現在も私の師匠の一人です)

この順番を見ていただければお気づきかと思いますが、当時私は健康に関して特に不自由をしたことがなく、まったくの素人であり、ご他聞にもれず「お医者様絶対主義」でした。しかし、経過が思わしくなくワラにもすがる想いで、少しずつですが知らない世界へと足を踏み入れていったのです。(いくら素人とは言え、最初に内科へ行くとはひどすぎますね)  実は気孔院の後に怪しい方面(法外な費用を請求する○○○霊療法)へ進もうかと思いましたが踏みとどまりました。

この期間約半年を要しました。

その間はパソコンは腕がしびれて長時間打てないし、仕事上の試験サンプルを持つのも大変!ましてやスポ-ツなど論外でした。

まわりまわって12のカイロ院の門を叩いたわけですが、丁寧に話を聞いて下さり・様々な検査の後、首を無理なく「コキッ」とするとス-と首痛が和らぎました。しびれは週2で10回ほど通院したときになくなり、その後徐々に再発の周期が長くなり3ヶ月後には約半月周期にまで回復し、スポ-ツの再開も可能になりました。

涙が出るほどうれしくて、施術のたびに「ありがとうございます」を連発していたことを今でもよく覚えております。(長~い身の上話を読んでいただきありがとうございました。

 「よろこばれるよろこび」
                   これが私の技術向上の糧になっております。