顎関節の痛み

顎関節症の女性

顎関節症の女性

顎の動きや頭痛でお悩みの方

検査システムバナ-

  • 以前に顎を痛めたことがある。
  • 慢性的な頭痛があるが、もしかしたら顎の噛み合わせが原因?と感じている。
  • 咀嚼の際、大きく口を開けるのが怖い。
  • 精一杯開けてるのに、歯医者さんで「もう少し大きく口を開けて下さい。
  • 鏡で見ると顎の位置が左右大きく違う。
  • マウスピ-スをしても改善しなかった。

顎だけの問題ではないのかも!

  • 骨格の動き
  • 筋肉の動き
  • 顔面筋

こういった不快感は、顎関節の位置及び動きが左右で異なることによって起こるわけですが、その左右差は、下顎骨(いわゆる顎の骨)をぶら下げている靭帯や筋肉の機能低下に由来することが多いです。

これら靭帯や筋肉は、顔面や側面の骨に固定されております。(中央図)
下顎を支えている土台はこれらの骨であり、この土台がゆがむことによって、
先ほどの靭帯・筋肉の機能低下が発生いたします。

ですので、頭痛を併発される方も多いです。

このような場合、下顎ばかりに施術を加えもてもだめなわけです。

こんな時は、頭蓋骨全体の傾きを調整しなければ対策としては不十分です。

頭蓋骨の傾きを調整するには、体幹(脊柱)を正しい位置にもどすことが絶対不可欠です。
そして、その土台である骨盤もです。

顎関節に手ごわい不快感をお持ちの方。
是非とも当院のカイロプラクティック整体にご相談ください。
(ここでは、骨格構造上の問題は除いております)

問い合わせバナ-

姿勢構造学バナ-

顎関節のゆがみ

首・頭のゆがみ

お客様写真
アンケート用紙

私は、首と頭の中心が大きく左にズレており、常に傾いているような姿勢でした。

一生治らないと思っていましたが、数か月施術を受けていると徐々に中心に戻ってきました。

半年もすれば、自分でも他人から見ても分からないまでになりました。

首、頭のゆがみだけでなく、腰やその他の部位のゆがみもなくなり、体がリセットされている様な感じです。

自分の健康のためにも今後続けていこうと思います。

足立様 尼崎市 男性 25歳

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

矯正バナ-

割引バナ-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加