腰椎分離症

腰椎分離症バナ-

腰椎分離症バナ-

腰椎分離症と言われてお悩みでは?

  • スポ-ツを再開したいけど不安。
  • 有効なトレーニング方法が解らない。
  • セルフケアのポイントを知りたい。
  • 数年に一度の激痛を解消したい。
  • 慢性的な重だるい腰痛がつらい。

当院にお越し頂く『腰椎分離症』の方からのご相談内容を,いくつか挙げてみました。

私も!と、うなづかれた内容はございますか?

『腰椎分離症』の場合は、分離している椎骨を再度接合することは外科的処置以外は難しいです。

ですが、将来を見据えて『腰椎分離症』と、

どのようにつきあって行けば良いのか?について考え・実践していくことはできます!

当院には同様のお悩みの方がお越し下さってます。

足首、腰の痛み

お客様写真
アンケート用紙

初回に体の正面、側面の写真を撮ってもらい、数ヶ月後に、また同じ角度で撮り、

比較すると劇的に改善したのが見て取れました。

1,2回の施術ではなく、継続的な施術で調子が良くなることが解ったので、もう2年も通っています。

先生に進められ、糖質制限ダイエットも始め、7kg減量できました。

不調を予防するための筋トレ方法も教えて頂いて今では信頼できるパ-ソナルトレ-ナ-と思って通っています。

A・O様 40歳 女性 西宮市

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

分離症モデル図

腰椎分離症とは、腰痛要因の中でも、図のように背骨の上下を連結している部分(椎弓)が、物理的に分離している骨格(脊椎)変形疾患のことを申します。

分離する際に激痛を伴うこともございますが、気付かない間に分離していることも多く、左図のように配列よく積み重なっている椎骨(腰椎)に、スポ―ツや作業によって大きな繰り返し応力が掛かり過ぎると、右図のように椎骨(腰椎の椎弓)が分離してしまっている状態のことです。

分離してしまうと、椎骨がおへそ側に変位し、それに引っ張られて周りの軟部組織(筋肉や靭帯・椎間板など)が変形を始めます。

その変形した軟部組織が、結果的に神経(脊髄or末梢神経)に干渉することで、お尻や脚~足先の筋肉に、痛みやしびれを発生させてしまうのです。

 

姿勢の改善&セルフメンテナンスにより症状は抑えられます。

分離症動画

腰椎分離症の症状(痛み・しびれ)は、椎骨が分離している骨折箇所に起因することは少なく、その上下の椎骨が、前後に変位する(すべりだす)ことで、結果的に神経に干渉するという発症プロセスの長い病態です。

それだけに、気が付きにくく、症状が悪化してからご来院される場合が多いのも特徴の一つです。

※『分離すべり症』とも呼ばれています。

腰椎分離症は、厚労省の統計によると、一般人で5%、スポーツ選手では、なんと30%~40%に発症していると記載されております。

放っておくと歩行が困難になるなど、日常生活にまで支障が出て参りますが、合理的なセルフメンテナンスにより上手に付き合っていける疾患です。

コルセットの男性

下肢に痛みやしびれが現れて、整形外科の門を叩かれると多くの場合、コルセットの装着を勧められ、並行して以下のような内容を続けることになります。

  • 痛み止め
  • ブロック注射
  • 腹筋を中心とした筋力訓練
  • ストレッチ

もちろん、これで改善すれば良いのですが、根本的な原因は、姿勢に問題があるのですから、対処療法ではうまく行かなくて当然です。

科学的根拠を基盤としたシステムです。

検査バナ-

姿勢分析を数値データにて管理

  • 女性の姿勢分析
  • 院長画像閲覧

750名超の姿勢分析の実績があります。

複数の姿勢分析

当院では、過去の姿勢分析結果を数値デ-タ化しております。その数750名を超えております。皆さまの貴重なデ-タを症状・部位別に分類し、臨床デ-タとして日々分析、ファイリングを続けております。

『腰椎分離症』の原因は、姿勢のくずれにあります。

姿勢構造学バナ-

腰痛Ⅲ

アンケート用紙

出産後から悩んでいた、度々起こる腰痛でしたが、先生の所に通うようになってから起きなくなりました。
整体・カイロといったものは初めてでしたが、ホ-ムペ-ジの明確さそのままに、私の今までの運動、仕事、生活歴から、今の姿勢から原因を特定する様に、まず、驚きました。

私のイメ-ジでは、もっとぼんやりしたオカルト的なものだった整体が(すいません…)、理論的で、信頼できるものになりました。
悩んでいた腰痛だけでなく、自分の身体が真っすぐになり、どんどん調子が良くなっていきました。生活の中でも自分の身体の事に気を遣うようになっています。

ありがとうございました。また、よろしくお願いします。

M.M様 32歳 西宮市 女性 主婦

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

メ-ッセ-ジバナ-

痛みやコリの周辺だけに原因があるのではありません!

院長近影

はじめまして、なつぎ夙川整体院長の淀野大介と申します。
このサイトにたどり着かれた方は、腰痛や肩こり、手足のしびれなど、何かしらの不快感をお持ちで、いろいろと廻られたけど改善が思わしくなく、そうこうしている間に、頭痛、耳鳴り、股関節・膝の痛みなど、様々な箇所に不調が波及してしまった方ではないでしょうか?

そういった方々の身体を全体から俯瞰してみると、痛みを訴える局所だけに問題があるのではなく、皆さまが思いもよらない箇所でバランスを崩しているケ-スが少なくありません。

そこで当院では、

  • 最大60個項目の検査デ-タの分析により、

バランスをくずしている根本的な原因を探し出すことを基軸とし、

  • 痛みのない矯正術で脊柱・骨盤・内臓etcを調整。

その根本原因にフォ-カスすることによって『ピントの合った』施術を計画し実行して参ります。

また、

  • 姿勢構造学理論に基づいた説明

を、検査デ-タを基に丁寧に解りやすくいたします。

そして、

  • 再発防止のために体力・環境に応じたセルフケア&メンテナンス法を指導

これらの内容が、西宮市のみならず近畿一円で15年間、選ばれ続けている理由だと自負しております。

院長サイン

腰痛(52歳・主婦)

アンケート用紙

とてもお世話になっております。
あちらこちらガタがきており、ウォーキング中に気になっていた先生にお世話を書けることになりました。
つまらない質問にも、親切に答えて頂きとても感謝しています。本当ですよ。
健康に老後を過せます様、先生に助けて頂き乍ら、ボチボチ頑張って行きたいと思っています。

○○様 52歳 西宮市 女性 主婦

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

腰痛Ⅳ

アンケート用紙

お世話になっております。
いつも丁寧に見ていただいて、嬉しく思っております。
今までいくつかの整体院に通ったのですが、「どこがどうなっている」という説明をあまりしてくれないところが不安だったのですが、今回、先生のところにお世話になり、毎回、きちんと腰や背骨の状態の説明をして下さるので、安心して通うことができています。
「筋肉をきたえるのが大事」ということも、気づくことができてよかったです。今後ともよろしくお願い致します。

景子様 19歳 京都市 女性 エクササイズ講師

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

期間限定のキャンペ-ン(初回割引のご案内)

オファ-

※『整体は受けてみないと自分に合うかわからない‥』と思われるのは、もっともなご意見です。そこで、『できるだけ気軽にお試し頂きたい!』という想いを込めて初回限定のキャンペ-ンを行っております。ぜひこの機会に「15年超の実績:なつぎ夙川整体」にご相談ください。

電話受付

LINE受付

※当日のご予約は電話にてお願いたします。

追伸

院長近影

私の文章は『くどい』と言われることがあり、解りにくい箇所があったかと思いますが、お読みいただいきありがとうございました。

一口に痛みコリと申しましても、個人個人で感覚や表現が違います。

『腰が痛い!』と申されても、骨盤の横なのか?お尻付近なのか?

場合によっては股間節だった…、なんてこともあり、さらには鋭痛なのか鈍痛‥。

不快感を表現するのは、そう簡単ではありません。

ですので、皆さまの痛みやコリなどの不快感を、同じレベル(ベクトル)で共有する為には、客観的なデ-タの入手が不可欠です。

ですが、何が何でもデ-タ至上主義では、根本原因を見逃してしまうこともあります。

そこで、なつぎ夙川整体では、

客観的検査デ-タプラス徒手療法士歴15年の触しん術(指先感覚での検査術)をもって、

根本原因の究明に臨みます。

原因が解るからこそ、改善を促す、再発し難い施術が成り立つ!

これがなつぎ夙川整体の信条です。

  • なんだか怖いなぁ~⤵
  • どんなことされるんだろう?
  • 本当に良くなるのかなぁ?

このような方々こそ、「なつぎ夙川整体」の科学理論に基づいた整体をご用命ください。

きっと、このような感覚はなくなると思います。

ご来院を心よりお待ちしております。

お断り

  • 一回の施術で健康を取り戻せるとお考えの方。
  • 慰安目的のマッサージやリラクゼーションを期待される方。
  • 予約時間が守れない方。
  • 生活上の問題を改善する努力をされない方(酒量や睡眠、運動習慣etc)。
  • 健康への投資が『もったいない』とお考えの方。

ご理解いただいた上、根本原因の解消を目指して頑張って参りましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加