膝の痛み

膝の痛い女性

膝の痛い女性

検査システムバナ-

  • 階段を昇るとき、膝がズキッと痛むことがある。
  • 歩いていると突然、膝の鋭痛と共に力が入らずふらついたことがある。
  • ヒアルロン酸の注射で3か月通ったけれど‥。
  • 運動療法を頑張っているが改善が思わしくない。
  • 膝の向き
  • 内膝の痛み
  • 骨盤の位置

膝の調子が悪く整形外科の門をたたかれた方で、

『ヒアルロン酸の注射&運動療法(太腿の筋肉Up)を三か月ほど頑張りなさい』といわれ、
通ってみたけれど、経過が芳しくなく、
『数回通ってやめちゃいました』という方…、多いのでは?

こと膝のような常日頃から使用頻度の高い箇所の症状は、
焦っても一朝一夕ではよくなり難いようです。
じっくり腰を据えて掛からないと…。てことです。

ですが、少しずつでも改善が認められれば、少々時間が掛かっても通院は続くのでは?

その『少しずつ』が感じられないから『数回で…』と、なっちゃうのでしょうね。

では、なぜ少しずつでも「良くなってるなぁ」と感じれないのでしょう?

それは、『三歩進んで二歩下がる』ではなく『三歩進んで三歩下がちゃう』からのようです。

膝の痛みの多くは、膝周辺の軟部組織(筋肉・靭帯・関節包etc)の炎症が原因です。
膝関節の変形や、関節が必要以上に動いてしまうことによって、本来擦れてはいけないところに摩擦が発生し炎症を引き起こし、ついには痛みや腫れを生みだいしまうのです。

なので、医学的処置としては「(患部を擦れ難くするためにヒアルロン酸を注入してクリアランスを一時的に作りますから、その期間に)太ももの筋肉を鍛えて下さい」となるのです。

もちろん、これで改善すれば万々歳です(^^)v

改善が得られないときは、『三歩進んで三歩下がる』が起こっていると考えられます。
具体的には、膝の位置が、擦れ易い方向を向いてしまっていることが多いようです。

さて、簡単な検査です。
肩幅ぐらいに足を開いた状態で立ってみて下さい。

痛みのある方は上から見た膝の向きが左右で違うはずです(左図)。
また、さらに中央図のようにO脚が認められませんか?

このような、膝や下腿の位置の左右差は、脚を支えている骨盤の位置に由来していると考えられます。

大腿及び下腿の位置を決めているのは股関節を有する骨盤(腸骨)の位置なのです(右図)。

ですから、骨盤の位置を正さないで膝周辺ばかりに注目して整形外科的な処置を行っても、なかなか改善が認められないと推察できます。

「膝の痛みが中々スッキリしないぁ~」とお悩みの方、一度、当院のカイロプラクティック整体の骨盤矯正を試してみてください。

問い合わせバナ-

姿勢構造学バナ-

矯正バナ-

割引バナ-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加