パソコン業務で肩こりがひどく上を向けない

首の症状バナー

[女性 44歳] [職種:事務職]

[発症歴]寝違えた状態になってから1か月

[病院通院歴]なし

[運動習慣]ヨガ(週2回 通院時は中止)

あるスポーツで腰椎圧迫骨折(15年前)

[当院への通院回数]15回(週2回)

発症のきっかけ

特にこれと言ってないが、PC業務が立て込むと肩こりがひどくなり、5年ほど前から寝違えのような状態が頻発するようになった。

主な症状

  1. 首を左回旋すると激しく痛む。
  2. 首を左に傾けるとと激しく痛む。
  3. 頸部伸展・屈曲制限。
  4. 第5腰椎の可動がほとんど観られない(他動,能動とも)。
  5. 腰部の可動も減少。
  6. 左顎関節の可動不全。

回復履歴

【初回】

コンプレッションテスト陰性のため、椎間板の変質を排除。

ただ、頚胸移行部に疼痛が発生する。

しかし、肩関節の制限はないことで、頸部周辺筋の問題は薄く、

姿勢分析の結果と合わせて、L5腰椎のによる腰部脊柱の弯曲減少が、頸部可動制限の主原因と判断し、

仙腸関節及び腰仙関節の調整を行う。

【2回目~5回目】

主に初回内容を繰り返し行う。

仙腸関節の調整は、容易にできるが、

腰仙部の調整は難しく、胸腰移行部の調整にシフトする。

頸部の可動域は左右前後とも不自由はなくなる。

【6回目】

腰部の可動制限の問題が不完全であり、

腰部の動きが改善しないと、頸部症状の早期再発が予測されることをご説明し、

腰部の施術内容を胸腰移行部から腰仙部に再シフトする。

【7回~15回】

腰部の可動制限の問題も解消。

【追伸】

顎関節の不具合については、5回目の施術すなわち、頸部の可動不全が改善した時点でなくなりました。

なつぎ夙川整体の所見

説明画像

この方の場合、初回問診で、

過去に腰椎圧迫骨折をご経験されたと、

申請いただいていたので、

早い段階で、腰部に焦点を絞ることが出来ました。

ただ、ご本人は、腰痛などのお腰に対する症状の自覚は持っておられなかったので、「腰に問題がありますよ」と聞いて、とても驚いておられました。

脊椎の骨折の場合、施術に当たり特に注意するべき点は、四肢の骨折とは違い、患部が中枢神経(脊髄)の近くに位置するため、調整方法(方向や強さ)の選定は慎重にせねばならないことです。

そのため、よ