社会人になってからの頭痛

頭の症状バナー
  1. [女性 36歳]
  2. [職種:カウンセリング業務]
  3. 発症歴:約10年
  4. 病院通院歴:あり(脳神経外科にて異常は認められず、痛み止めを処方)
  5. 運動習慣:なし(学生時は水泳部)
  6. 当院への通院回数:16回(週2回)

発症のきっかけ

特に無いが、長時間の座り仕事がいけないのかなぁ?とのこと。

主な症状

  1. 後頭部に締め付けられるような痛みがでる。
  2. 痛み止めの薬は手放せない。
  3. 週に2回ぐらいは服薬する(歴3ヵ月)
  4. 肩こり首痛は慢性的。
  5. 座位での腰痛も最近悪化してきた。

回復履歴

【初回】

TLにて平時に神経学的統合不全が認められるが、ある頭の角度によって陰性を示すため、後頭環椎関節に注目し、しかるべき処置を行う。

その場で、痛みは和らぐ。(ご本人曰く半減したとのこと)

【2回目~8回目】

主に初回内容を繰り返し行う。

2~4日間で頭痛の再発は無いが、TLでは陽性を示す。

日常生活にて不便は感じなくなる。

【9回目】

肩こり、腰痛もほぼ気にならなくなった。

ただ、TLが陽性を示し続ける。

【10回~16回目(ご卒後業)】

ようやくTLテストが陰性を示す。

【追伸】

ご卒業後も心配とのことで月1回のペースでご来院ですが、服薬を必要とするような痛みの再発は無いとのことです。(ご卒業後5年)

なつぎ夙川整体の所見

説明画像

この方の場合、当初お越し頂いた時点で、症状はかなりひどい状態でしたが、脳神経外科にて異常なしとのことでお受け致しました。

良くお伺いすると、腰痛は若いころから持っていたとのことで、座り仕事が多くなってから肩こりが慢性的に発症し、ひどくなると頭痛まで…、の繰り返しだったそうです。

検査の結果、脊椎可動域減少により後頭神経群への抵触と判断でき、初回で痛みは半減しました。

ただ、この方の場合は、服薬期間が3ヵ月と比較的短いことが早い段階で回復を実感して頂けたと考えます。

もちろん、お薬を否定しているわけではございませんが、服薬前に根本原因を探ってみることも大事かと思います。