産後の股関節痛

脚の症状バナー
  1. [女性 40歳] [職種:デスクワーク]
  2. 発症歴:5年間(歩行に支障が出て半月)
  3. 病院通院歴:あり(骨に変形は認められず痛み止めを頂く)
  4. 運動習慣:なし
  5. 当院への通院回数:12回(週2回)

発症のきっかけ

出産、育児では?

主な症状

  1. しゃがめない。
  2. しゃがもうとすると左鼠径部が痛い。
  3. 脊柱にS字弯曲が認められる。
  4. 力が入ると尿漏れする時がある。
  5. 肩甲骨内縁が痛い。

回復履歴

【初回】

姿勢分析により、右腸骨後下方変位、左腸骨前上方変位が認められる。

両腸骨とも外方へ変位している。

姿勢分析及び触診により、S字弯曲の分岐点が胸腰部及び頚胸部にあること観察される。

上記内容より、仙腸関節の問題と判断し骨盤矯正を軸に施術内容を計画し実施。

【2回目~8回目】

初回の翌日は痛みが消えていたが、2日目には再発。

主に初回施術内容を繰り返し行う。

股関節の痛みは、5日間は再発無し。

日常生活にて不便は感じなくなる。

『尿漏れ』も仙腸関節の問題による骨盤底筋の弱化が原因と考えられるため、来院継続を促す。

【9回~12回目(ご卒業)】

尿の漏れることはなくなった。

仙腸関節周辺筋の筋力テスト陰性。

S字弯曲が原因と思われる『背中の痛み』は、軽減したがデスクワークが増えると発生するため、定期的なメンテナンスを推奨。

【追伸】

背中の痛みも回復。その後月1~2回のペースで通院頂き、現在約2年目です。

なつぎ夙川整体の所見

説明画像

この方の場合、姿勢分析画像にて左右の股間節が横に張り出しておられて、排尿障害もお持ちとのことであり、原因は骨盤底筋を含む股関節周辺筋の弱化と判断し、

主に、骨盤矯正で対応しました。

発症に際し、この方のように、

『出産後に…』は、様々な症状でよく伺うフレーズです。

このように『育児期に…』など、『自分のことは後回し』的な時期は誰しも必ずあると思います。

ですので、我慢しながら数年後、少し余裕ができた頃に、症状がこじれてからご相談いただくことが多いのかもしれません。

病理論上、できるだけ早めの産後のメンテナンスを推奨いたしておりますが、

ご出産&育児期ばかりは、現実的に難しいですよね!‥‥悩ましい限りです(^^;)。