子供に後ろから飛び乗られてグキッ!

お尻~腿のバナー
  1. [女性 44歳] [職種:主婦]
  2. 発症歴:5日
  3. 病院通院歴:なし
  4. 運動習慣:特になし
  5. 当院への通院回数:22回(週1~2回)

発症のきっかけ

階段で突然、小学生の子供がおぶさってきた。

主な症状

  1. 腰をどちら側にひねっても腰が痛い。
  2. 上半身を左右どちら側に倒しても腰が痛い。
  3. 上半身を前側に倒すと左お尻~太ももにかけても痛む。
  4. 下半身に力が入らない時がある。
  5. 軽度の排尿障害がある(出産後より)。

回復履歴

【初回】

ベルトテスト陰性のため、椎間板の問題を排除。

左腸骨稜に筋肉の浮腫(盛り上がり)が多く認められ、ボネットサイン陽性。

その他検査結果より、腸腰靭帯の損傷と判断し下肢及び胸腰部周辺筋の弛緩を行う。

【2回目~7日目】

主に初回内容を繰り返し行う。

徐々に症状は緩和し、4回目で左お尻~太ももにかけての痛みは消える。

ただ、腰を大きく動かすと鈍い痛みが残っている。

【8回目】

再度筋力検査を行い、残された下肢弱化筋を確認。

下肢に対して筋力テストを行い、お尻側の筋機能の回復び疼痛の無いのを確認し、

施術のアプローチを仙腸関節に変更。

【8~16回目】

8回目の施術内容を繰り返す。

10回目で日常生活での腰の違和感は消える。

ただ、筋力テストでの大腰筋と大腿直筋の弱化がなかなか回復せず、

膝、足首、肋骨へのアプローチを開始。

ウォーキングを勧める。

【ご卒業:22回目】

筋力テストも全合格

【追伸】

再発が怖いとのことで、月1回のペースで通院頂いています。現在、卒業後約8か月になります。

排尿障害も発症しておられないとのことです。

なつぎ夙川整体の所見

説明画像

この方の場合、『子供さんに飛び乗られた』と

ハッキリした原因があり、比較的、早期にお越し下さったので、

数回の施術でご卒業頂けるかと思いましたが、

よくお伺いすると、過去にも何回もぎっくり腰をご経験されているとのことで、

今回は根本的な改善を望まれてお越しになられました。

ご出産後お車での移動ばかりらしく、下肢の筋力低下も大きく、途中より長期的な対策を目的に、筋力アップを目的にエクササイズの指導も盛り込んで参りました。

現在でも欠かさず毎日5分間のエクササイズを実施下さっています。

(※痛みがある時や、身体の動きがぎこちない初期段階に運動をするとより姿勢を崩すことになりますのでご注意ください。)