歩くと下肢がしびれて激しく痛む

脚の症状バナー

[男性 45歳] [職種:デスクワーク]

[発症歴]12か月(歩行に支障が出て1か月)

[病院通院歴]あり(MRIにて腰部脊柱管狭窄症と判断される)

[運動習慣]ウォーキング(通院時は中止)

[当院への通院回数]23回(週1~3回)

発症のきっかけ

特に無いが、長時間の座り仕事がいけないのかなぁ?とのこと。

主な症状

  1. 歩行着地で左脚もも裏とふくらはぎが激しく痛む。
  2. お尻(両仙腸関節)の鈍痛(立ち姿勢)。
  3. 足の裏の感覚が鈍い(立ち姿勢)。
  4. 朝より夕方の方が症状が重い。
  5. 便秘(薬の服用がほぼ毎回)。

回復履歴

【初回】

ファインスタイン及びケンプテストにて陽性を示すため、

腰部神経根の問題を疑い、

胸腰移行部及び仙腸関節周辺筋の調整を行う。

【2回目~16回目】

主に初回内容を繰り返し行う。

左脚太もも裏、ふくらはぎ痛は緩和。

日常生活にて不便は感じなくなる。

【途中9回目】

右脚太ももに違和感を訴える。

ボネットサインで陽性のため股関節周辺筋の弛緩を施す。

右脚の症状消える。

【17回目】

足裏の感覚異常は消える。

ふくらはぎ痛も消える。

太もも裏の痛みは軽減したが、ファインテストにて陽性を示す。(ケンプテストは陰性)

腰仙骨部へのアプローチに、主たる施術内容を変更。

【ご卒業:32回目】

各種整形学テスト(ファインテスト含む)にて陰性。

【追伸】

便秘に関しては、その後月1~2回のペースで通院頂き、約1年で緩和されました。

なつぎ夙川整体の所見

説明画像

この方の場合、当初お越し頂いた時点で、

腰椎(腰の脊椎)の湾曲が背中側に変位した状態でしたので、

病院のお見立て通り腰部脊柱管狭窄症(要手術)を疑いました。

ですが、各種検査において、しびれ,痛みの主原因は狭窄ではなく、神経根の問題が重要と判断し施術を勧めました。

発症歴が長いこともあり、筋骨格系の変性も多数観察されましたので、比較的長期のご通院が必要となってしまいました。

発症に際し、この方のように、

『重たいものを持った』とか

『スポーツをしていて‥』など、はっきりとしたきっかけが無い場合は、原因は日常の繰り返しによるものが多く、再発防止の観点より

生活上の注意点セルフメンテナンス方法を、ご卒業までにしっかりとお話しさせて頂きます。