2年に1度繰り返すひどいぎっくり腰

腰の症状バナー

[女性 44歳] [職種:接客業]

[発症歴]3日前(腰痛は慢性的)

3か月前に事故で腰と膝を痛める。

[病院通院歴]なし(MRIにて腰部脊柱管狭窄症と判断される)

[運動習慣]

マラソン(10km~フル:3か月前の事故後中止)

ラジオ体操(週5回)は継続

[当院への通院回数]10回(週1~2回)

発症のきっかけ

10kgぐらいの物を床から持ち上げようとしたときにグキッときた。

主な症状

  1. 正面姿勢で上半身が左に大きく傾いている。
  2. 左ウエスト裏面からお尻の鈍痛(立ち姿勢)。
  3. 歩行に際し左腰が突っ張る。
  4. 座るのが不自由。
  5. お腹を下さすことが多い。

回復履歴

【初回】

痛みの箇所特定のため、押圧テスト及び座位腰部回旋テストを行う。

深層筋ではなく、仙棘筋or中殿筋の問題を疑い、

腸骨稜の変位を調整するため、主に仙腸関節へアプローチ。

歩行時の左腰の突っ張り感はなくなる。

【2回目~3回目】

主に初回内容を繰り返し行う。

腰の違和感はなくなる。

正面姿勢の不全は緩和したが左傾気味は残。

【4~9回目】

日常生活での問題は無くなったので、

正面姿勢の左傾に対する施術方針に変更。

下肢に対する筋力テスト範囲を広げて、

右外側広筋の顕著な弱化を確認。3か月前の事故の状況を再確認。

パトリック、ドロアーテストを実施し、結果、股関節周辺筋の調整を行う。

【ご卒業10回目】

正面姿勢の左傾が解消。

【追伸】

マラソンを再開したい!との要望を受け、体幹強化目的の施術を継続。

骨格の調整及び筋反射の正常化を実施。

自宅でできるヘルスメンテナンス法もご説明。

その後8か月間、月1回の割合でメンテナンスに通って頂きました。

年に数回マラソン大会に出場されているとのことです。

なつぎ夙川整体の所見

説明画像

この方の場合、初回、跛行(はこう)した状態でお見えになり、

施術用ベットに座るのも不自由な状態でした。

正面からの姿勢の傾きが大きく、典型的な『発症後間もないぎっくり腰』の状態です。

ですので、立った状態で急ぎ痛みを緩和するため、腹圧の調節を試みました。

なんとか座れるようになられたので、座位での施術を初回は実施いたしました。